バックナンバー > 月刊 美容と経営 > 月刊美容と経営2015年3月号

月刊美容と経営2015年3月号

■美容業の“カイゼン”
ムダを省き「時短」と「生産性向上」を目指す現場改革


トヨタに代表されるように、おもに製造業の生産現場で行われている作業効率の向上など作業の見直しに関する活動が「改善」「カイゼン」と呼ばれていますが、今、改めて美容業の現場でも、この「カイゼン」の取り組みが必要なのではないでしょうか。現代の忙しいお客様がサロンに期待する「施術時間の短縮」への対応であったり、サロン総体での生産性の向上への取り組みであったり、サロンの現場では常に「カイゼン」が求められていると言えそうです。そこで、次号の巻頭特集では、実際に「カイゼン」を実施し、サロンワークのムダをなくし「見える化」することで生産性の向上につなげた事例をご紹介しながら、その考え方と実践のポイントを探ります。
商品コード : 46503
価格 : 1,760円(税込)
数量