月刊 経営とサイエンス > 月刊経営とサイエンス 2020年5月号

月刊経営とサイエンス 2020年5月号

【第1特集】
■推奨価格帯別で考える
ケア効果強化の縮毛矯正メニューで単価アップ!


サロンメニューの中でも高単価の縮毛矯正技術は、売り上げに大きく関わるメニュー。しかし、スキルを必要とし、時間もコストもかかる割には、構成内容や価格設定を精査しないままに営業しているサロンが多いことも事実。特集では、縮毛矯正メニューの内容と価格を検証。新たな提案として、「ケア効果をアップすることで、より高単価を取れる縮毛矯正メニュー」を3つのランクに分けて紹介していきます。
5月号ではケア矯正の達人のお二人の考え方を軸に、ケア効果別・価格別(例 20,000 ◆繊30,000 ¥30,000〜)の3コースを設定(所要時間、コスト、推奨メニュー価格も明示)。それぞれ、どのようなニーズの顧客をターゲットとするのかをマッピングした上で、コース別のテクニックのフローチャートを解説していきます。また冒頭では、対談を企画。ケア効果アップの縮毛矯正の習得と導入が、ビジネス的にどのような可能性があるのかについて語っていただきます!


【第2特集】
■長く、効率よく勤めるために
サロンでの働き方はここまで変わってきている!


パートや正社員などの雇用形態、社会保険の加入、トレーニングのあり方など、サロンを取り巻く環境が大きく変化しています。特集では、スタッフが長く、快適に働ける環境づくりに挑戦しているサロンを取材。スタッフ目線のサロン経営を検証。また、「経営とサイエンス編集部」内で、座談会を実施。今、サロン現場で起きている課題を浮き彫りにしてきます。
商品コード : 57005
価格 : 1,650円(税込)
数量